韓国のフェリーの事故、「一見無駄に見える日々の細かいルールを無視した積み重ねは最終こうなる」という事例として学ぶ所が多い。「あの国だから」で済ませちゃいかんと思う。

33 ヒップアタック(茸)2013/09/24(火) 22:56:21.36 ID:hdXMTMFu0
仕様を決めてから納期を決めろ
仕様を少しでも変更したら納期のばせ
仕様の再考が発生したら納期のばせ


これは徹底しろ
これは客のためでもある

スマ放題、5GBまでみたいの、どこらへんに放題という言葉がかかっているのかを考えている

(highlandvalleyから)


(over10000notesから)


quevidamastriste:

Deal with it

quevidamastriste:

Deal with it

(yodiscrepoから)


前例否定しないと、自分の業績にならない、と思い込んでいる。

 愛する女を救うため、何度でも過去に戻る男の物語「バタフライ・エフェクト」(04年)は、当サイトでも最高ランクの評価(98点)としたが、実際に見た人たちの満足度もきわめて高い傑作であった。あの映画の何がよかったかといえば、それは誰に聞いても脚本と回答がくる。
 
 パート3と銘打たれているが、前作までとのつながりはない。シリーズを見てきた人にはおなじみの「過去に飛ぶ能力を持つ男」が主人公という、そこが共通点だ。
 
 1の焼き直しだったパート2とはえらい違いの、力の入った脚本である。主人公が「オレがバカなばかりに……」と嗚咽するシーンは涙なしでは見られず、その後の展開の衝撃度も高い。シリーズファンでも読みにくい、意外性の高い終盤を作り上げた脚本家、監督の手腕をたたえたい。「愛する者のため、何度でも過去に戻る」──よもやこの同じアイデアで、これほど面白いストーリーがまだ作れるとは思いもよらなかった。 あまりに切ないクライマックスは共感度100。パート1に感動した人は、必見の最新作。これは無条件でオススメしたい。


toska91:

flexible chair

toska91:

flexible chair

(megazalから)